Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

2月1日午前入試に総合学力評価テスト(適性検査型入試)が加わります

2016.12.22

適性検査型入試でもチャレンジが可能に!

キリスト教主義に基づいた心の教育をベースに、国際人の育成を目指している学校です。

キリスト教主義に基づいた心の教育をベースに、国際人の育成を目指している学校です。

キリスト教主義に基づいた心の教育をベースに、国際人の育成を目指している桜美林。一人ひとりの能力を引き出す教育に定評があり、その成果として大学合格実績も着実に伸びています。さらにグローバル社会で生きる子どもたちには確かな学力だけでなく、思考力、判断力、表現力等、答えのない課題を解決するために必要な力を育成することが大切と考え、カリキュラムの見直しを進めています。
「その中で、入試でも教科横断型の問題を通して総合学力を問えないか、という声があがり、総合学力評価テスト(適性検査型入試)を導入することにしました」(若井一朗中学校副教頭)
2017年2月1日の午前入試は、これまでの入試(2科または4科)に加え、総合学力評価テストも並行して行われますので、適性検査型の入試に向けて準備を進めてきたお子さんも受験しやすくなります。「12月18日(日)に総合学力評価テストのプレテストと解説会を行いますので、ぜひお出かけください」

2科/4科入試の対策は過去問攻略がポイント

「2科または4科入試の形式は前年と変わりません。ですから、どの教科も過去問を通して入試問題の傾向を押さえ、対応する力をつけることが重要です。小学校で学ぶ内容を理解するとともに、数年分の過去問と向き合い、問題のパターンに慣れておくと、入試当日も落ち着いて実力を発揮できるでしょう」

総合学力評価テスト

入試日:2017年2月1日(水)
❶文系総合(50分/100点満点)
 
文章や史料・地図・表などから読み取れる内容をもとに、自分の考えをまとめられるかなど、国語、社会を中心とした基礎的な総合学力を測ります。
❷理系総合(50分/100点満点)
 
図やグラフなどから読み取れる情報をもとに、計算や分析ができるかなど、算数と理科を中心とした基礎的な総合学力を測ります。

「授業で新たに取り組み始めたことが反映される入試になると思います。思考力、判断力、表現力などに長けた子に入ってきてもらいたいと思いますし、入学後もそういう力を伸ばしていきたいと考えています」(若井先生)

教科別入試のポイント
最後まであきらめずに問題に取り組もう!
【国語】
語彙力を問う問題を必ず出題しています。漢字(総画数、書き順等)、慣用句などをしっかり学習しましょう。こうした問題を落とさないことが大切です。小説では心情を問う問題、説明的文章では筆者の考えを聞く問題を出題しています。30~60字程度の記述問題が増えていますので、考えをまとめる練習をしておきましょう。その際、「なぜ、そう考えるのか」という根拠も含めて決められた字数でまとめる練習をすると、力がつくと思います。
【算数】
こつこつと努力してきた力を問える問題を出題しています。学習する時は、丁寧に、ミスなく、最後まであきらめずに問題に取り組みましょう。過去問としっかり向き合い、傾向をつかんでおくことも大切です。
【理科】
4分野(物理、化学、生物、地学)の問題に加え、時事問題または総合問題を出しています。総合問題は、化学反応と物理現象が相まった問題など、分野を融合した問題です。入試説明会でのアドバイスを参考に、時事問題にとらわれることなく、総合的に学習してきてください。
【社会】
社会科では、いろいろなことに関心をもち、探究心をもって学ぶことができる子に入ってきてほしいと思っています。日頃から身の回りのことに目を向けて、気になる事象に対して自分の意見を持ち、わかりやすく表現する練習をしましょう。基本的な知識を問う問題に加え、グラフ、地図、図版などから情報を読み取り、分析をして、考える問題が例年よりも多くなっています。そういう問題にも慣れておくことが点数を取る秘訣です。
すべての教科を支える国語教育であるために、
クリティカル・シンキングを導入。筆力が伸びています

 国語科では、すべての教科の基幹となる力を育てることを目標に、「クリティカル・シンキング」(週1回/中学3年間)を取り入れて、論理的に考える力や文章を書く力の育成に取り組んでいます。月に1冊以上の読書に加え、文章や表から読み取ったことをまとめさせたり、議論させたり、ある考えを批判的に検討させたりして、思考力や表現力を養っています。書くことに不慣れな子もいますが、自分の意見を文章で書かせる課題を出し、授業の中で解説をすると、「ああ、そういうことか」「なるほど」という反応を多くの生徒から得られます。次第に筆力もついて、規定文字数の半分程度しか書けなかった生徒が、8割程度書けるようになっています。(国語科/梅山先生)

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

桜美林中学校
[学校HP]http://www.obirin.ed.jp/
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758 Tel.042-797-2668
最寄駅/
JR横浜線「淵野辺駅」からスクールバス5分。徒歩20分。スクールバス総台数15台(5~10分間隔で随時運行)。「多摩センター駅」からもスクールバス有。入学後6年間スクールバス無料。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る