Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

みんな科学者!探求活動の基礎が身につく桜美林の理科教育

2017.09.25

探究活動で育みたいのは着眼点と筋道立てて考える力

中1は予備実験を実施。

中1は予備実験を実施。

桜美林の理科では「本物に触れる」ことを大切にしています。その気持ちの表れが、毎年夏休みに課題として出している「自由研究」です。その名のとおり自分でテーマを設定し、研究計画書を作成。その計画書に基づいて夏休みに実験を行い、研究の成果をまとめて提出します。そして2学期の授業の中で発表や評価を行い、優秀な研究は「探究心」という冊子に掲載されます。
「探究心」は、理科が中心となってつくった冊子で、30年あまりの歴史があります。「中学生に求めているのは、まさしく探究心です。日々の授業や毎年の自由研究を通じて、理科への興味関心を広げるのはもちろんのこと、私も科学者という気持ちで、独自の視点や理屈に合った方法により実験を進める力を身につけてほしいと思っています」(理科教諭・向井徹先生)

みんな科学者をめざして夏期探求課題が始動

その自由研究を一新し、3年間かけて段階的に基礎力をつけていくプログラムを構築。今年度より「自由研究」から「夏期探求課題」に呼称を改めて実施しています。「自分でテーマを見つけて、解き明かしたいことにつながる実験を考えるという、本当の意味での自由研究を毎年楽しみにしている生徒がいます。研究に取り組むにあたり、研究の手引きを配り、研究計画書をもとに個別にやりとりをするため、年々研究のおもしろさを実感して力をつけていく生徒もいます。多くの生徒にそうなってほしいのですが、失敗を次の糧にできず、苦手意識をもつ生徒も少なくないので、3年間かけて着実にステップアップできるように考えました」
1学期に提出された研究計画書に目を通した向井先生に感想を伺うと、感触は上々のよう。「中1は予備実験を授業の中で行ったので、実験のイメージがつきやすかったようです。中2は同じ実験を選んだ生徒同士でディスカッションを行いました。その情報を踏まえて自分なりの展開を考えることができたようです。理科が好きで、これまでどおり自由なテーマで研究したいという中1、中2の生徒は枠にはめず、自由研究にチャレンジしてもらっています」
研究計画書の確認とアドバイスを行うのは、着眼点や論理性に優れた生徒から選抜する「理科マスター」(中3)です。適切なアドバイスができる先輩の存在も大きく、探求活動への原動力となっています。「生徒に配布している実験の手引きのタイトルは『私も科学者』です。科学的なアプローチを習得している子は授業の理解度も高いので、一人でも多くの生徒が力をつけてくれることを願っています」

夏期探求課題プログラムの流れ
中1 1年生の推奨テーマは「大根の絞り汁によるデンプンの分解」。濃度0、25、50、75、100のデンプン液をつくり、ヨウ素液を加えます。それぞれに大根の絞り汁を少量加えて、時間とともに色(濃度)の変化を観察します。この実験をベースに、デンプンの温度を変える、大根の部位を変える、大根以外の野菜で実験するなど、自分なりの工夫を行い、研究を発展させます。

「大切なのは『何を明らかにしたいのか』ということ。実験に不慣れだと、デンプンの温度と大根の部位など、2つ以上変えてしまい、変化が見られたときに、なにが原因かがわからなくなります。そういうことがないように、理科マスターがアドバイスを行います。同じ実験でも、実験データの整理の仕方やまとめ方にオリジナリティが出るのではないかと期待しています。今年の文化祭では全員の成果を展示する予定です」(向井先生)

中2  2年生の推奨テーマは「物の倒れ方」「水中の空気の量と波の高さ」「蒸散量の測定」「麺にからむスープの量」「化学電池」「味覚の閾値(しきいち)」。この中から1つ選んで研究します。
「例えば『物の倒れ方』は、ドミノ倒しで倒れる時間を測定し、物が連続して倒れるときの倒れ方を研究します。このテーマを選んだ生徒たちは測定の仕方を話し合い、アイデアが広がっていきました。今後はさらに話し合いの機会を増やしていきたいと考えています」
中3  3年生は、「私も科学者」(研究の手引き)と、中1、中2で積み重ねた経験を活かして研究テーマを考えるところから始めます。テーマ、研究の仕方、まとめ方において、オリジナリティの高い研究を期待しています。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

桜美林中学校
[学校HP]http://www.obirin.ed.jp/
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
Tel.042-797-2668

最寄駅/
JR横浜線「淵野辺駅」からスクールバス8分。徒歩20分。スクールバス総台数15台(5~10分間隔で随時運行)。「多摩センター駅」からもスクールバス有。入学後6年間スクールバス無料。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る