Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

充実の海外研修と国際理解教育で グローバルな視点で考え、行動できる女性に

2017.09.25

日本にいながら世界に目を向け世界に出て日本を知る

1977年から40年以上継続している「海外姉妹交流プログラム」。隔年夏、アメリカから学生がやって来て“鎌女ライフ”を体験します。

1977年から40年以上継続している「海外姉妹交流プログラム」。隔年夏、アメリカから学生がやって来て“鎌女ライフ”を体験します。

コミュニケーション能力を重視した「コミュニカティブ」と、国際的な視野を育む「グローバル」を2本柱に、受験英語を超えた社会で通用する英語教育を古くから実践している鎌倉女学院。40年以上にわたるアメリカ・ペンシルバニア州にある姉妹校との派遣と受け入れ、24年にわたるカナダ東部での英語研修ほかイギリス、ニュージーランドでの1年留学など、他校に先駆けて、本物の英語を学ぶ教育に力を入れてきました。
2001年からは、「鎌倉から世界に発信する」を合い言葉に、中学ではキャンパスがある鎌倉で日本を知る「鎌倉学」を、高校ではより世界へ目を向けた「国際・環境学」をスタートさせ、国際理解教育も積極的に行っています。中1・中2の土曜講座では、世界の食文化や、韓国・ネパールの生活文化に触れながら異文化理解を深め、高1で行う「国際セミナー」ワークショップでは、アジアの諸国が抱える問題やフェアトレードについて学び、クラスセッション、講演を経て、最後にポスタープレゼンテーションを行います。また、文化祭でのフェアトレード商品の販売や募金活動によるネパールの女性の自立や学生の教育の支援、現地の方を招いての英語での講演等を通し、日本にいながらも、世界に目を向け、自分達にできることは何かを考えます。

自然・多民族・多様性 学びがいっぱいのアジア研修

さらに今年度から、英語の習得が主な目的だった既存の海外研修プログラムに加え、高1生を対象に、日本の隣国に目を向けた「アジア研修」を実施することになりました。訪問先は、中華系、マレー系、インド系など様々な民族が共存するマレーシアとシンガポール。生徒達はそこで、アジアの豊かな自然に触れたり、現地の学生と交流を図ったり、大学で理系の授業を受講したり、ホームビジットで現地の生活を垣間見たりと、様々な体験をします。
参加した生徒達からは、「何カ国語もこなす人達と交流し、まず英語をもっと勉強しよう」「コミュニケーションの手段は言葉でなく伝えたい心」「イスラムの人達に親切にしてもらい、宗教に対する偏見が払拭できた」「実際に自分の目で見て体験することがとても大事だと思った」などの声が上がったと言います。
こうして同校では中高の6年間に、自分達が暮らす日本について学び、様々な歴史や文化を持つ外国の人達と出会い、交流をし、世界を知り、真のグローバル力を育成していきます。卒業生の中には「“鎌女”の英語の授業、海外研修を通じて、自分の視野が広がった」「高2で参加したカナダ研修がきっかけで、異文化に興味を持つようになった」などの声が多く、現在、たくさんの先輩が世界を舞台に活躍しています。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

鎌倉女学院中学校
[学校HP]http://www.kamajo.ac.jp
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-10-4
Tel.0467-25-2100

最寄駅/
JR湘南新宿ライン・横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」徒歩7分。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る