Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

リズミカルなメロディに合わせて
体を動かしながら英語を覚える

2018.07.27

ミュージカルで表現力や前に進む力が身につく

新しい大学入試の英語では、これまでの「聞く・読む」だけでなく「話す・書く」という2技能が試されるようになりました。もともと英語教育に定評のある聖セシリア女子でも、「英語で意見を伝える・気持ちを表現する」という技能の習得をさらに徹底しています。
なかでもユニークな取り組みが、英語劇に挑戦する「イングリッシュエクスプレス」。中学2年生の英語の授業に組み込まれているもので、オールイングリッシュでのミュージカルに挑戦します。講師はプロの演出家で、指導はすべて英語。演技で感情のこもった英語を話すことで、生徒たちは自分を表現することの楽しさに気づいていきます。
「セリフや動きが完璧でなくても、舞台に立ったら、最後までやり通さなければならない。間違えてもいいから、『前に進もう!』という推進力をつけてほしいですね」
こう教えてくれたのは、講師の小口真澄先生。英語芸術学校マーブルズの代表でもあります。初めのうちは声が小さかったり動きがぎこちなかったりする生徒たちも、先生のパワフルで勢いのある指導によって徐々に様になってきます。
一般的な劇と違うのは、全員がステージに立ち、基本的に自分のやりたい役を演じることができること。同じ役が何人もいることになりますが、自分で役を決めることで責任感が生まれ、なによりも楽しく取り組むことができるといいます。

殻をやぶって積極的になれる生徒たち

海外語学研修のカナダ

海外語学研修のカナダではホームステイや語学学校、自然など異文化を体験

練習の成果は、10月と3月の年に2回、校内で発表します。「10月の反省を活かした3月の発表では、生徒たちの大きな成長を感じられます。『恥ずかしい』と思う気持ちの殻をやぶって、積極的になれるのです」と小口先生。生徒からも、「リズミカルなメロディに乗せると英語を覚えやすい」「クラスで協力しながらひとつの劇を作りあげるこの授業は本当に楽しい」「英語をセリフとして話さなければいけないので、普段のスピーキングのときにも堂々と話せるようになった」と大好評です。
実はこの取り組み、ひとりの卒業生の発案によって生まれたもの。いいアイデアを柔軟に取り入れる教育方針が、移り変わりの早い世の中で活躍できる生徒を育てていくのです。
聖セシリア女子ではほかにも、中学2年で福島県の「ブリティッシュヒルズ」で行われる2泊3日の語学研修や、希望者を対象にした2泊3日のイングリッシュキャンプ、約20日間のカナダ研修といった多彩なプログラムを完備。異文化体験では、他国への理解が深まると共に、英語でコミュニケーションをとる楽しさを知ることで、勉強への意欲に繋がるようです。TOEICやGTEC、大学入試対策の講座も多く設定する本校。充実したカリキュラムサポートにより、グローバル社会で活用できる英語力を確実に身につけます。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

聖セシリア女子中学校
[学校HP]http://www.cecilia.ac.jp/
〒242-0006 神奈川県大和市南林間3-10-1
Tel.046-274-7405

最寄駅/
小田急江ノ島線「南林間駅」徒歩5分。
小田急江ノ島線・東急田園都市線「中央林間駅」徒歩10分。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る