Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

思いっきりバットを振れるグラウンドを所有。 部活動を入口に桜美林の教育に触れてみませんか

2019.05.30

野球初心者が半分以上の学年も。文武両道&人づくりが信条

p39_NLw1905-06_桜美林_282

桜美林中学校野球部は学業をはじめ学校生活にしっかり取り組むことを基本とし、野球部の活動を通じて挨拶や礼儀はもちろん、何事にも頑張る強い気持ちと、粘り強く取り組み最後までやり遂げる力をつけることを信条としています。チームの目標は東京都大会出場です。ここ数年、町田市大会を勝ち抜き目標を果たしています。高校でも野球を続ける部員が増えていますが、部員は経験者ばかりではありません。半分以上が初心者の学年もあります。顧問の川田広通先生(社会科/顧問歴18年)がわかりやすく基礎を教えてくれるため、未経験で始めても、試合を経験できるまでに成長する部員がほとんどです。
経験者は、思いっきり打撃練習ができるグラウンドや最近の戦績などに魅力を感じて桜美林を選んでいます。中3の坂本光紀くん(キャプテン/キャッチャー)、星野祐汰くん(副キャプテン/ファースト)もそうでした。入学すると、グラウンドで野球ができることの喜びに加え「中学校生活が想像以上に楽しくて、勉強への意識も高まっていった」と言います。負けず嫌いも手伝って「練習で疲れていても家庭学習を欠かしません。学習時間を決めて取り組んでいます」(坂本くん)。「野球は基礎が大事。いきなり応用はできません。勉強も同じなので基礎をしっかりやってそこから発展させています」(星野くん)。

学校生活の中でも積極的な関わりを推奨

川田先生は「部員自ら考えて行動できるように、全体を見渡し、同じ学年や後輩に指示が出せることを基準にリーダー選びをしている」と言います。2人は新チームを率いて半年になりますが「チームのことを考えるようになった。信頼を大事にしている」と坂本くん。星野くんも「(4番を任されていることもあり)意識が変わった。後輩たちが自分の姿を見て奮起できるように人一倍頑張るようになった」と成長を実感しています。
川田先生の願いは、野球部の活動だけでなく学校生活に積極的に関わり「どんな場面でも中心になってほしい」ということです。学級委員、聖歌隊、合唱コンクールのパートリーダーなど、これだと思ったことに自ら手をあげて貢献することを推奨しています。
学校生活と連動しながら人を育てる桜美林の部活動。クラブ探しを入り口に、桜美林の教育に触れてみませんか。

野球部DATA

●活動日/月~土で週5日。日曜日は不定期●活動時間/平日16時~17時30分頃(夏と冬で異なる)・土曜日14時~17時 ・日曜日(日によって異なる)●活動場所/主に本校のメイングランド ●部員数/中3:10名、中2:11名●高校での継続率/【高1】64%【高2】40%●主な戦績/【2017年度】町田市春季大会優勝 →東京都春季大会出場、町田市選手権大会優勝 →東京都選手権大会出場、多摩地区大会出場、東京都私学大会優勝【2018年度】 町田市秋季大会3位、東京都私学大会優勝(2年連続) ●その他/夏合宿(3泊4日)。春・夏休みは大会があるため長期休暇中も活動、その分、冬休みはオフ、英検などはこの期間に受験することを勧めている。見学は随時。

受験生へのメッセージ

坂本光紀くん
小4から野球を始めました。イチロー選手が言っていましたが野球はチームスポーツです。でも個人スポーツでもあります。自分の結果がついて来ないとチームの結果もついて来ません。そこが醍醐味だと思います。中学でも野球を続けたくて学校を探している時に、桜美林中学校がすごく活躍していて入学したいと思いました。勉強と部活の両立は大変ですが、大会で表彰されると中学全体集会でみんなの知るところとなり友達が褒めてくれるので、それが励みになっています。桜美林の魅力は①とにかく楽しい「部活動」②たくさんの「友達」(入学後すぐの宿泊研修で仲が深まります)③「わかりやすい授業」(代数が好きになりました)です。受験勉強は大変ですが、乗り越えれば中学校でいい友だちができるし、好きな部活にも入れます。そこを目標にして頑張ってください。

星野祐汰くん
兄が野球をやっていたので小1から始めました。野球はその場面場面で起こりうることを想定しておくことが大事な競技。もともと考えることが好きなのでそこにおもしろさを感じています。桜美林は高校硬式野球部が強いので、そこで活動するなら中学のうちから馴染んでおきたいと思って中学受験しました。中1の夏までは通うだけで精一杯でしたが、慣れると勉強でも上の人達と並びたいという気持ちが生まれて頑張っています。桜美林の魅力は①身についている実感のある「英語」②コミュニケーション力が身につく「研修旅行」(中3はオーストラリア!)③友達や先輩後輩との「人間関係」です。今は中学校生活に不安があるかもしれませんが、受験を乗り越えて中学校に入ったら友達がすぐできるし先生は優しいし先輩もいろいろ教えてくれるので、安心して入って来てください。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

桜美林中学校
[学校HP]http://www.obirin.ed.jp/
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758 Tel.042-797-2668
最寄駅/
JR横浜線「淵野辺駅」からスクールバス8分。徒歩20分。スクールバス総台数15台(5~10分間隔で随時運行)。「多摩センター駅」からもスクールバス有(20分)。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る