Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

英語教育と海外研修を強化し、異文化と直接
触れ合う体験教育を通して国際感覚を育む

2019.10.01

グローバル社会で活躍する真の国際人を育成するため、日本大学藤沢中学校では、英語教育と海外研修を強化しています。「基礎となる語学力を養い、異文化と直接触れ合う体験教育を重視」(英語科の以西功司先生)する同校の取り組みが、着実に成果を上げています。

「使える英語」に親しみ、英検・GTEC受験を推奨

中2からネイティブスピーカーの教員による英会話の習熟度別授業が行われ、生徒それぞれの理解に応じた授業で全員の基礎学力を高めます

中2からネイティブスピーカーの教員による英会話の習熟度別授業が行われ、生徒それぞれの理解に応じた授業で全員の基礎学力を高めます

中学では徹底的に基礎学力の定着を図り、早い時期から「使える英語」に親しむ指導を段階的に行います。第1段階の中1では12月に、英語のコミュニケーション力を学ぶことを目的に、2日間にわってネイティブの教員が密度の高い国際理解教育を行います。生徒はアニメ洋画のワンシーンに英語でセリフをつけたり、ゲームをしたり、楽しみながら英語に親しんでいきます。
中2からネイティブの教員による少人数の英会話授業が始まり、中3~高2の希望者を対象にした国内語学研修も、2年前から校内で実施しています。昨年、51人が参加したこのプログラムは、日本で学ぶ留学生を招いて日帰り3日間をオールイングリッシュで過ごします。英語でディスカッションをし、最終日は英語のスピーチを発表。「最初は戸惑ったけれど、だんだん英語を話すことが楽しくなった」と、生徒たちにも好評です。
同校では、2021年度の大学入試改革に向けてサポート体制を整え、英検やGTEC受験を推奨しています。中学卒業までに英検準2級、高校卒業までに英検2級取得を目標とし、GTECは中2から全員受験。今年度から生徒全員がキーボード付きタブレット端末を持ち、動画を使った反転授業や双方向型のアクティブラーニングなどICT教育を強化しました。
高1ではタブレットを活用したGTECのスピーキングテストを実施し、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を軸とした英語学習をさらに充実させています。

学んだ英語スキルを発揮する豊富な語学研修プログラム

習得した英語力を発揮する機会が、海外研修です。オーストラリア語学研修(中3~高2)は、2週間のホームステイをしながら、ブリスベンの校外にある姉妹校に通います。毎回、中学生の定員約40名を大きく上回る応募があり、筆記と面接の選抜試験が行われます。現地では、「自分の英語が通じないことを痛感する」(以西先生)ことも。その経験が、英語学習への意欲を高めてくれます。
高2のカナダ修学旅行(全員参加)は、バンクーバー近郊の現地校を訪れる学校交流プログラムを実施します。午前中は現地の生徒と一緒に授業を受け、午後は文化交流会で書道、折り紙、空手といった日本の文化を紹介するなど、楽しみながらコミュニケーションを図ります。
また、日本大学付属校各校から選抜された成績優秀者が参加する語学研修「イースタープログラム」「サマープログラム」も好評です。ケンブリッジ大学の学生寮に滞在しながら、英語で行われる授業に参加します。
2年に一度、海外の姉妹校の生徒の受け入れも行っています。昨年は、オーストラリアから生徒約20人が同校を訪問。1週間ホームステイしながら日本の生徒たちと寝食を共に過ごしました。このように学校内で海外交流できる環境も整っています。
異文化に触れて国際感覚を養う機会が豊富にある中で、生徒たちはグローバル社会に適応した広い視野を獲得しています。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

日本大学藤沢中学校
[学校HP]https://www.fujisawa.hs.nihon-u.ac.jp/
〒252-0885 神奈川県藤沢市亀井野1866 Tel.0466-81-0125
最寄駅/
小田急江ノ島線「六会日大前駅」徒歩8分。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る