Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

「さわやか、はつらつ、ひたむき」に文武両道実践中!

2020.06.01

充実した環境で、のびのびとクラブ活動

吹奏楽部:マーチングドリルでも、千葉県代表として様々な大会に出場しています。地域の行事やボランティア活動にも積極的に参加しています。

吹奏楽部:マーチングドリルでも、千葉県代表として様々な大会に出場しています。地域の行事やボランティア活動にも積極的に参加しています。

「さわやか・はつらつ・ひたむき」を校風とする八千代松陰中学校。「持ち味を生かす教育」を実践する同校は、自分が好きなことに仲間たちと切磋琢磨するクラブ活動を、教育活動の柱の一つとして推奨しています。クラブ活動の数は中学校に28、高校に51あり、生徒は積極的にクラブ活動に参加しています。
八千代松陰は大学並みの施設を備えています。7つのグラウンドと2つの体育館、15面のテニスコート、6つの理科室、3つの音楽室、6万冊の蔵書を誇るメディアセンター等々、県内有数の施設の中、生徒たちは各クラブ専用の活動場所で、のびのびと活動に励んでいます。昨年度は、野球部・女子硬式テニス部・男子バスケットボール部・レスリング部・吹奏楽部が全国大会へ、陸上競技部・男子硬式テニス部・新体操部・合唱部・華道部が関東大会へ出場しました。

前提は「両立」

八千代松陰のクラブ活動の前提条件は「学習との両立」です。確認テストが合格点に達していなかったり、課題が期日までに提出できなかったりすると、合格または提出するまでクラブ活動には参加できません。
「私は中学時代、女子バレーボール部でした。私のクラブでは定期試験の成績が下がると、次の試験まで、毎日、顧問の先生に家庭学習ノートを出さなければいけなかったので、そうならないように、普段から家で机に向かうように心がけていました。どのクラブも練習は平日2時間程度、休日は半日。休みを週2日以上取ることになっていました。短期集中で活動し、無理なく勉強との両立ができる環境でした。」と、卒業生の森さん。「大学に入ってからも、中学時代のバレー部仲間とはよく会っています。苦楽を共にした一生の友人たちです。」と語る姿が印象的でした。

両立は未来への糧

「中一から高三までずっと吹奏楽部でした。クラブ活動もしっかり、勉強もいっさい手を抜かないスタイルが“かっこいいかな”と思っていました(笑)。松陰は中学も高校も生徒が多く、多様性の中で育まれた自分がどこか気に入っていて、大学も多様な人が集まるところに行きたいと思って慶應義塾大学へ進学しました。ゼミは国際経済で、現在の商社の仕事につながっています。」と、卒業生の大坪さん。
クラブ活動も勉強も-- そんな欲張りな生徒ほど「さわやか、はつらつ、ひたむき」な学校生活を送っています。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

八千代松陰中学校
[学校HP]https://www.yachiyoshoin.ac.jp
〒276‐0028 千葉県八千代市村上727
Tel. 047‐482‐1234
最寄駅/
京成電鉄・東葉高速鉄道「勝田台駅」よりスクールバス15分

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る