Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

毎日の授業からアメリカ語学研修まで! 充実のグローバル教育

2020.07.27

独自の研修センターを利用
中3全員参加の米語学研修

八雲学園中学校高等学校は男女共学化して今年で3年目を迎えます。同校では創立当初から充実したグローバル教育を実践しています。
同校にはアメリカ・カリフォルニア州のサンタバーバラに宿泊できる独自の研修センター「八雲レジデンス」があり、ここで海外研修が行われています。毎年、中3の海外研修は全員参加で約2週間、2月下旬から3月上旬にかけて実施されています。八雲レジデンスを拠点に、UCSB(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)で習熟度別の特別英語授業を受け、姉妹校であるケイトスクールや地元の小学校との交流、市内観光、レストランでのディナーなど本場でしかできない体験から多くのことを学びます。「昨年度はレストランで有名なアーティストに偶然遭遇し、交流するという貴重な体験もできました」と副教頭で英語科主任の近藤隆平先生は話します。この経験は生徒たちにとって一生の思い出になったようです。同校では高校生の希望者を対象とした海外研修や留学も充実しており、3週間、3か月間などのプログラムに参加することができます。

英語に触れる機会が多くグローバルな学校生活

ネイティブ教員による授業

ネイティブ教員による授業

同校にはアメリカやカナダなどの出身の7人のネイティブ教員がいます。中1から週3時間、ネイティブ教員のみで行う授業を受け、生きた英語を学ぶことができます。毎日の学校生活の中で英語に触れる機会が多く、英語祭など英語に関連した行事も多く行われています。中1ではレシテーション(暗唱)コンテストや朗読劇、中2ではスピーチコンテストや英語劇などに取り組み、身につけた英語を発表する機会があります。レシテーションコンテストとスピーチコンテストは選抜方式ではなく、全員が保護者などの見守る中、発表を行います。このように英語を話すことが当たり前の環境に身を置くことにより、海外研修でも躊躇なく英語を話すことができるようになります。

ラウンドスクエア加盟と海外協定大学推薦制度の導入

同校は2017年、イギリスに本部を置く国際私立学校連盟「ラウンドスクエア」に加盟しました。現在世界中の約200校が加盟しており、海外の加盟校と交流ができます。同校も国際会議に参加したり、海外の加盟校から留学生を受け入れるなど、さまざまな形で交流を行ってきました。「今年については、オンラインなどの形で交流ができないか検討しています」と近藤先生は話します。
また、同校では今年から「海外協定大学推薦制度」を導入。これは、高校の成績・英語力を基準として、アメリカ・イギリスの協定大学に推薦入試を受けられる制度です。そのために、eラーニング教材「YES(Yakumo English : Gateway to Success)」を利用して、英語力を高めていきます。「導入により、アメリカやイギリスの大学に出願することも可能になりました。今後は海外の大学に進学する生徒も増えるかもしれません」(近藤先生)
伝統の継承と新制度の導入により、グローバル教育に磨きがかかった八雲学園。今後のさらなる発展が楽しみです。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

八雲学園中学校
[学校HP]https://www.yakumo.ac.jp/
〒152-0023 東京都目黒区八雲2-14-1 Tel.03-3717-1196
最寄駅/

東急東横線「都立大学駅」徒歩7分。東急世田谷線田園都市線「三軒茶屋駅」から東急バス「八雲高校」徒歩1分。JRなど「目黒駅」から東急バス「中根町」徒歩3分・「都立大学附属高校前」徒歩4分ほか。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る