Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

英語の上達とともに精神的な自立と成長を実現する2つの留学制度がスタート

2021.07.27

自分で考え、自分で選択しながら将来の目標をつかむ

海外の生徒とオンラインでつながりクイズでコミュニケーション

海外の生徒とオンラインでつながりクイズでコミュニケーション

グローバル化が進む社会に適応し、自分で将来を切り拓いていける力を育む、さまざまなメソッドが充実する東京成徳大学中学校。
近年行われてきた全員参加のニュージーランド留学を2022年度から刷新し、2段階の新プランをスタートします。今までは、中学3年次に全員留学していましたが、それを中学2年次に前倒しした全員参加制の2週間のフィリピン・セブ島短期語学留学を実施。また、中学3年次では、『ニュージーランド学期留学型』と『国内グローバル型』のいずれかを選択し、語学力の向上とともにグローバル教育を深めていきます。
「めまぐるしく変わり続けるこの世の中では、今までの学びがだんだん通用しなくなってきたと感じています。6年後を目標に、自分の幸せを考え、進む道を選択していくことが大切だと思います」と語るのは木内雄太先生。
以前のニュージーランド留学を経験した多くの生徒から、現地に行く前にもっと語学力を伸ばしておけばよかったという声もあったため、セブ島の短期留学では、語学力アップにフォーカスをあてます。マンツーマン授業を中心に、SDGs(持続可能な開発目標)について学ぶなど、世界を知る探究学習も行います。
「オンライン英会話はもちろん、セブ島や現地の人たちについての事前学習にも力を注ぎます。自分が学びたいことや知りたいことを留学前にしっかり準備するのとしないのでは、帰国後の伸び率に大きな差がでます。現地でさまざまな体験をし、実感することも大切で、中学2年次の反省点を次に克服できれば人間的にも成長できると思います」(木内先生)。

自分の進みたい道へ主体性をもって進んでいく

中学2年の留学を終えた後、自分の目指すものを見つめ直し、自分に合ったやり方で世界を広げるにはどうしたらいいかを考え、中学3年のプログラムで、海外か国内かを選択します。「ニュージーランド学期留学型」は、現地の学校で授業や部活動に参加しながらホームステイ。英語力をさらに向上させると同時に、自立心や責任感、グローバルマインドを養います。
一方、「国内グローバル型」では、習熟度別の少人数クラス編成で特別英語プログラムを実施するほか、ダイバーシティをテーマにしたさまざまな講座で変化する社会を学ぶ内容が満載です。
学費(6年間)は留学費用込みで「国内グローバル型」が391万円、2回海外留学する「ニュージーランド学期留学型」が511万円で高校入学費がないため、他の平均的な私立校より安価。生徒一人ひとりをサポートする新しい留学制度に注目が集まっています。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

東京成徳大学中学校
[学校HP]https://www.tokyoseitoku.jp/js/
〒114-8526 東京都北区豊島8-26-9 Tel.03-3911-7109
最寄駅/
メトロ南北線「王子神谷駅」徒歩5分。JR「東十条駅」徒歩15分。JR「王子駅」・都電荒川線「王子駅前」からバス「王子五丁目」徒歩5分。

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る