Netty Land(ネッティランド)「私立中高一貫校の魅力」がわかる教育情報サイト


  • ログイン
  • Myページを作る

2022年4月 石川県金沢市に新しい中高一貫校誕生!!

2021.10.01

人工芝の金沢学院グリーンフィールド

人工芝の金沢学院グリーンフィールド

2022年4月、石川県金沢市に「金沢学院大学附属中学校」が開校します。現在は、開校を目指し設置認可申請中です。従来の金沢学院高等学校は2021年4月に「金沢学院大学附属高等学校」へと名称を変更しており、中学・高校・大学の学びの枠組みが整います。
金沢学院大学附属中学校は、国立大学、医学部、難関私立大学への進学を目指す「特進コース」と、10年間の中高大一貫教育により確かな教養と幅広い学びを目指す「総合コース」の2コースを編成し、各コースの募集人員は35名で計70名定員となる予定です。
附属中学校が併設される附属高校へは、入学試験免除で進学が可能であり、附属中学校からの生徒だけで編成された「中高一貫コース」に進み、金沢学院大学への進学についても特別進学制度が設けられます。
中高の一貫教育体制を敷くことで、受験に左右されない効率的で伸びやかな学習や、大学まで見据えた一貫した部活動、生徒の個性・興味・関心、進路希望に応じた個別指導、社会実装を目指すための幅広い知識の習得を追求した教育を行うことをねらいとしています。
また、学校から徒歩10分余の所に「中学清鐘寮(男子寮・女子寮)」を計画し、ともに暮らし、ともに学ぶことで才能や能力を最大限に伸ばすプログラムを準備中です。
居室は男女合わせて200室あり、全室個室で広さは約8平方メートル。それぞれに学習机、椅子、ロフト型ベッド、クローゼット、カーテンが備え付けられエアコン、Wi-Fi機能が設けられます。
もちろん、寮内学習も充実し、共同学習室は定員50名の大学習室2部屋と定員35名の中学習室3部屋を用意し、毎日夜間学習を行います。さらに本校教員や金沢学院大学教育学科生がチューターとなって個別の学習指導を行うことで、生徒一人一人のニーズに合わせた学習サポートシステムを整えます。
金沢学院大学、金沢学院大学附属高校とも共に部活動が大変盛んであり、多くのオリンピック選手やトップアスリートを輩出しております。部活動によっては高校、大学との連携を密に図り、人工芝のサッカー場、ラグビー場を擁する金沢学院グリーンフィールドなど充実した施設の下、基礎体力や技量のアップはもちろん、人間性や社会性を高め、「ナンバーワン」「オンリーワン」を目指します。
金沢学院大学附属中学校は高校、大学までを擁する学園内で個性と才能を伸ばしていきます。

 

※上記はNettyLandかわら版の抜粋です。全容はこちらをご覧ください。

金沢学院大学附属中学校
[学校HP]https://www.kanazawa-gu.ac.jp/jhs/
〒920-1393 石川県金沢市末町10 Tel.076-229-8864
最寄駅/
北陸新幹線「金沢駅」から北鉄バス 東部車庫行 「東部車庫」下車
(約30分)

この学校の詳細情報を見る
バックナンバー

あなたのお気に入り学校リスト

Myページを作るとあなたのお気に入りの学校を登録し、学校の、最新情報をメールで受け取ることができます。

Myページを作る